退院翌日

なんと!退院した次の日は友達のマンションに朝、手伝いに行った後
妹と2人で、未だ退院2日目なのに、後で妹の万歩計を見たら14000歩
も歩いていました。

妹も私が杖をつきながら、一生懸命ついて来ているので(!?)股関節の手術を
したばかりという事をすっかり忘れて(!)早足で歩いていました。

パッと後ろを振り向くと、杖をつきながら一生懸命ついてくる私を見て
あぁ~手術したばかりなんだ・・・と思ったそうです。

それくらい痛みは消えていました。

入院前日、歩けなくてうなっている私を見るに見かねて、 おんぶしてあげようか?
とまで言ってくれた妹でさえ、痛い・・・と言わない私を見て、この前まで病院
にいた事を一瞬忘れたようです。

丸の内に行きそのあと久しぶりの銀座・・何時もは仕事帰りに毎日の様に
行っていた場所ですがとても新鮮でした。

何時もは人の何倍もフットワークの軽い私ですが、股関節手術の前は
あそこに遊びに行きたいと思っても、この痛みでは・・・と諦める事も数えきれません。

今はみんなが呆れる位、毎日、自由が丘、六本木、渋谷、新宿、横浜・・・と
動き回っています。

今、東急東横線が複合化して、あのゆったり広々した、東横線のホームが
地下になり、距離も今までの3倍以上・・エレベーターが無い階段だけの
所もあり、股関節手術前の私だったら、慣れ親しんだ渋谷にも行けなかったな・・・と
思うと、今、足が悪くて、杖をついたり、痛いのを我慢して歩いている方には
バリアフリーどころか、ホーム迄たどり着くのが大変な駅になっています。

渋谷駅ホーム

前は、始発も終点も渋谷だったのが、始発、和光とか表示されている
電車を見ると、よその車に乗るような気がして、ある部分便利にはなったかも
しれませんが、地域のカラーが無くなる様で、淋しい限りです。

 

コメントは受け付けていません。

ページトップへ