海老名総合病院での初診

いよいよ、観念して人工関節手術で有名な海老名総合病院へ紹介状を持って行く事になりました。

一人では行く勇気がなく、主人に一緒に行ってもらう事にしました。

横浜から小田急線で30分位で海老名駅に到着。

海老名駅の長いホームを痛い(→o←)ゞと改札まで歩いたのを覚えています。

人間の良いところは、時間が経てば痛みも忘れられるという事かな・・・

駅前には、海老名総合病院行きの無料の送迎バスが出ています。

私と同じように、痛そうにバスのステップを上がってくる人達が沢山いて、バスは直ぐに満席になりました。

病院へは予約の30分程前に到着し、受付を済ませ、看護師さんの問診を待っていました。

後日談だですが、入院して仲良くなった、足友達から、私も手術を受けるために行っていたんだけど、あなたの痛そうなのは、尋常じゃなかったから、ものすごく印象に残っていると何人もの人に言われました。

そのくらい、顔色も悪く、一人で歩くのもやっとという感じで痛々しかったようです。

話を戻して、看護師さんから、細かく問診を受け、レントゲンと採血を受けました。

レントゲン技師の人に、この病院はどんな病院ですか・・と聞いてみたら、北海道や九州から手術を受けに来る人が沢山います。と教えてくれました。

手術は始めての体験ですので、その言葉を聞いて少し安心できました。

 

コメントは受け付けていません。

ページトップへ