学芸大学は住みやすい

先日、去年9月に学芸大学から狛江市に引っ越した友達のマンションに
遊びに行って来ました。

引っ越してから8ヶ月が過ぎて、落ち着いて見たものの、会うたびに
「学芸大学はやっぱり住みやすかったわ~」と言っています。

「この前久しぶりに行ったけど、活気があって、夜まで人がいっぱいで
賑やかで・・・今いる所は淋しいよ・・」

彼女のご主人は、学芸大学生まれなので、「帰りたい!」とずーっと
言っているそうです。

家賃が高いから、マンションを買って引っ越したのですが、離れてみて
初めて、学大の良さが分かったそうです。

「本当に良いところに居たんだな~」とつくづく思えて・・と言っていました。
只、物価は安くて、私が友達の家に行く途中、狛江で母やげに買ったミニバラ
は、なんと!180円でした。

ミニバラ

こちらで買うと4倍はすると思います。

彼女のご主人の会社の50代の男性も、4ヶ月前に、片方の股関節手術を
受けられたそうですが、手術の後、回復が思わしくないそうです。

その人に「かみさんの友達(私のことです)は、両股関節を9月に手術して
今は全く痛みも無く、杖も3ヶ月で外して、毎日動き回っているよ!」

と言ったら、その人は「信じられない・・」と言われたそうです。

前に海老名総合病院のリハビリの先生が「股関節手術をしても
良くなる人ばかりじゃないからね・・」と言われていたことを
リアルに思い出しました。

なぜ、差がつくか分かりませんが、一つには、手術直前まで、「痛い・・痛い」
と言いながら、歩いていたから筋肉が落なかったのかもしれません。

海老名総合病院は他の病院で不具合の再手術を引き受ける事でも
知られています。

技術の高さが分かります。

 

コメントは受け付けていません。

ページトップへ