入院中の食事

慣れというのは怖いもので入院した1日目の食事を見て、えっ!
これをこれから1ヶ月間・・・・・
とショックを受けましたが、股関節手術の後は、食欲も落ちて
病院の食事を完食する事は無かったのですが、車椅子から松葉杖、
杖になった頃から、食欲も出て来ました。

只、やはり病院食は味気なく、お腹も空いて来るので、海老名総合病院の
1階にあるファミリーマートに行って、生ラーメンをレンジでチンして
もらって、よく食べていました。

退院する前は栄養士さんの栄養指導がみんなを集めてあるのよ!
と聞いていましたが、あれを聞くと、食べるものが無い・・・
とみんなが言っているのを聞いていたので私は栄養指導には出ない!
と決めていました。

案の定、出た足友達は、がっくりして、ヤクルトもカロリーが高いから
ダメなんだって・・・
とか言っていましたが、退院して会ったら そんなの気にしていられないから
食べたい物を食べているよ!と言っていました。

バランス良く美味しく食べる事が出来れば良いのかな・・と思っています。

話は変わりますが、毎日、朝か夕方、近藤先生が回診に来られます。

1日3本(私のように両足股関節を手術した日は、午後片足股関節を
手術されたそうです。)

「1日3人股関節手術を出来る病院は無いよ。1日1人でもアップアップの
病院も多い」と私の地元の川口整形外科の先生が言っていました。

海老名総合病院は他の病院で股関節手術が上手くいかなかった人の
再手術をする事でも有名だそうです。

手術や診察で疲れておられるはずなのに、何時もにこやかな笑顔で
「どうですか~?」と声をかけて下さいました。

一切多くを語られないのですが、こちらの質問には的確に答えて下さいました。

私もそうですが、足友達も、股関節手術を決心する迄は、足腰の痛みに
耐えかねて、高いサプリメントを沢山購入していました。

近藤先生にその事を話すと、ニコッと笑って、効くと良いですね~とのお答え。

決して否定はされませんでした。

そういえば、リハビリの先生も、私が退院するときは、杖をつきたくないんです・・・
なんて言っても、そうなるように頑張りましょう!と行って下さいました。

偉ぶらない、押しつけないが海老名総合病院のカラーと感じました。

 

コメントは受け付けていません。

ページトップへ