人工股関節手術後の回復

海老名総合病院では、1週間に1回、黒木教授の回診がありました。

白い巨塔と迄は行きませんが、黒木教授の後ろに、ドクター、リハビリの先生
看護師さん達が病室を回ります。

先に入院している人から、黒木先生は、両手を差し出して、「歩いてごらん」と
言われるよと聞いていましたが、人工股関節手術後1週間目から、車椅子に
座っている私に両手を出して、「歩いてごらん」と待っておられるのですが、
車椅子から立つ事も厳しい状況でした。

それが2週間目には、赤ちゃんがヨチヨチ歩きをするように、ゆっくりですが
少しだけ前に進め、3週間目には、杖なしで歩いてごらん と言われ、少しは
歩けるようになりましたが、黒木先生は まだまだだな・・・と言われていました。

退院の日が決まり、今までは退院する人を見送る側でしたが、今度は見送られる
側になりました。

無い物ねだり?とは良く言ったもので、自分が入院している時は、退院して行く
人が羨ましかったのですが、いざ、自分の退院が決まると、少し名残惜しくも
ありました。

 

コメントは受け付けていません。

ページトップへ